慢性痛治療の専門医による痛みと身体のQ&A

ワクチン接種後の肩の痛み(SIRVA)NEW

Q:筋肉注射のワクチン接種をうけました。次の日から注射をうけた腕に痛みがあり、棚の荷物を取ろうと腕をあげると激痛がはしりました。寝返りをうっただけでも肩から腕にかけて強い痛みが走ります。なぜ痛いのでしょうか。痛みの原因は注射を打ったからでしょうか。

ワクチン接種後に一時的な免疫反応で腫れたり、接種部位の疼痛がでたりすることがあります。通常は2,3日で徐々に軽快する場合がほとんどです。また、遅発性のアレルギー反応として数日から1週間くらい経ってから、ワクチン接種した腕のかゆみや痛み、腫れや熱感、赤みが出てくることがあります。こちらも数日で自然軽快します。

ただし、摂取後2週間を超えて痛みが持続する場合、SIRVA(Shoulder Injury Related to Vaccine Administration)といいワクチン接種に伴う肩の痛みが発生している可能性があります。

SIRVAについては詳しくはこのページの後半も参考にしてください。

Q:筋肉注射によるワクチン接種後の肩が痛いです。筋肉がある場所に針を刺して傷をつけたことが痛みの原因でしょうか?それとも、免疫反応によるものですか?

ワクチン接種後に注射部位の痛みや筋肉痛、頭痛、易疲労感、発熱は免疫反応によるものと考えてよいです。こうした症状の大部分は接種後、数日以内に軽快します。新型コロナウィルスに対するワクチンの場合、種類によって多少異なりますが一時的な接種部位の痛みは50%以上あり、筋肉痛も10%から50%程認め、頻度は多い副反応です。痛みが長期にわたり続く場合はSIRVAを疑う必要があります。

Q:五十肩があります。筋肉注射のワクチン接種を五十肩の痛みがある腕にしても大丈夫ですか?

五十肩=肩関節周囲炎はすでに肩の炎症により疼痛、可動域制限を認めております。ワクチン注射によりさらに腫脹や炎症が強くなる可能性もあるため、反対の腕にワクチンを打つことが望ましいです。

Q:筋肉注射のワクチンを肩に摂取しました。5~6時間経つと四十肩のような痛みになってきました。湿布を貼ったり、肩こりに効く塗り薬をぬってもいいのでしょうか。また、飲んでよい飲み薬はありますか?

痛みがひどいときは、カロナールやロキソニン等の非ステロイド性抗炎症薬の内服で軽くなることもあります。湿布や塗り薬を使用すると、ワクチン接種部位がかぶれたり、かゆみがでたりする可能性があるので、接種後すぐの時期はやめておいたほうがいいです。

Q:筋肉注射のワクチンを接種後、腕が上がらなくなりました。どのくらい様子を見ればよいでしょうか?

ワクチン筋肉注射後、接種部位の痛み、腫れ、筋肉痛、関節痛は通常2、3日で軽快していきます。長くても2週間以内に軽快することがほとんどです。さらに続く場合は神経障害やSIRVAなどの可能性があり医療機関に相談が望ましいです。

SIRVAについてはこのページの後半でも詳しく記載していますので参考にしてください。

Q:ワクチン接種後の肩の痛みが1か月続きます。何か治療法はありますか。

ワクチン接種による末梢神経損傷やSIRVAなどが考えられます。医療機関受診の上ですがSIRVAの場合、安静にすることに加えて、消炎鎮痛剤の内服、ステロイド注射、理学療法を行うことがあります。

SIRVAの痛みは3ヶ月以上持続し、慢性疼痛に移行することがあります。炎症を起こしている部位には痛みが長期化する原因となっている新生血管(いわゆるモヤモヤ血管)が増加していることがわかっています。その血管をカテーテルで治療する方法があります。保存的治療によっても痛みが長期化している場合にお勧めの治療です。詳細はこちらをご参照ください。

ワクチン接種後の左肩の疼痛(SIRVA)へのカテーテル治療の実例
ワクチン接種の後に生じた注射部位の長引く痛みへのカテーテル治療実例

Q:ワクチン接種後の肩障害SIRVAについて詳しく教えてください。

SIRVA(Shoulder Injury Related to Vaccine Administration)はワクチン接種に関連した肩関節障害と訳され、ワクチン接種後に生じる肩の急性炎症であり、2010年に名称を提唱されました。炎症による肩の疼痛の持続、可動域制限(腕が上がらなくなる、後ろに回らなくなる)を認めます。

痛みは通常、ワクチン投与から48時間以内に始まり、数か月持続する場合が多いとされますがさらに続く場合があります。不適切な部位へのワクチン投与が原因と考えられております。女性の頻度が高いです。安静にて軽快しない場合、治療としては消炎鎮痛剤の内服、ステロイド注射、理学療法など保存的な治療が一般的です。日本ではインフルエンザワクチンは皮下注射されておりますが、海外ではインフルエンザワクチンもそれより深い筋肉注射が一般的であり、新型コロナのワクチンが開始される以前からSIRVAが多く発生してきました。日本国内でも新型コロナのワクチン接種のために筋肉注射の機会が増えているため、今後SIRVAが国内でも増えることが危惧されます。

Q:SIRVAになる原因は、なんですか?

筋肉注射の手技により三角筋(肩の筋肉)の深い部位に認める滑液包(関節の近くにある液体で満たされた袋:三角筋下滑液包と呼ばれます)へのワクチン誤注入が原因と考えられております。ワクチンの多くは局所で免疫反応を起こすために関節の炎症の原因となります。ただし実際に滑液包内に注射したかどうかは分からず、手技に関わらず起こる可能性もあります。

三角筋下滑液包の位置
三角筋下滑液包の位置

Q:SIRVAによる痛みはどれくらい続きますか。

痛みは通常、ワクチン投与から48時間以内に始まり、数か月持続する場合が多いとされますがさらに続く場合があります。

Q:SIRVAによる痛みは、対処法として冷やした方がいいのでしょうか、温めたほうがいいですか?

冷やすことで一時的な痛みの軽減が得られる可能性はありますが根本的な解決にはなりません。治療としては消炎鎮痛剤の内服、ステロイド注射、理学療法など保存的な治療が一般的です。

Q:SIRVAになるのを避けるために、お医者さんにどのように伝えると良いでしょうか?

SIRVAの原因として滑液包へのワクチン誤注入が原因として考えられており、ワクチンの注射を適切な部位に行うことが重要です。適切なワクチン接種部位は自然に腕をおろした姿勢で肩峰と肘を結んだ線と腋(わき)の線の交点が神経、滑液包、動脈損傷のリスクが少ない部位であり推奨されます。

好ましい注射位置
好ましい注射位置
前後の脇下ラインを結んだところと、肩峰の真下がぶつかる位置

Q:ワクチン接種をしてから五十肩のような状態になってしまいました。SIRVAだと思います。整形外科でステロイド注射など一般的な治療法も行ないましたが、改善しません。何か良い治療方法はありますか?

SIRVAは五十肩と近い状態と考えられており、肩の関節包全体や腕の筋肉、滑液包に強い炎症が起きていると考えられます。
このような強い炎症が起きている場合には、異常な新生血管が生じて痛みの原因になっていることが知られています。最近ではこのような異常な血管を減少させるための新しい治療も開発されています。
ご興味のある方はこちらの治療実例のページも参考にしてください。

ワクチン接種後の左肩の疼痛(SIRVA)へのカテーテル治療の実例
ワクチン接種の後に生じた注射部位の長引く痛みへのカテーテル治療実例

慢性痛についてのお問い合わせ・診療予約

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日