慢性痛治療の専門医による痛みと身体のQ&A

間質性膀胱炎

Q:頻尿と下腹部の痛みで病院に行ったら、間質性膀胱炎と言われました。どんな病気ですか?

間質性膀胱炎は、膀胱の壁に慢性的な炎症が起きてしまい、膀胱に痛みが生じるとともに頻回に尿意を催す病気です。また膀胱が繊維化(硬くなってしまう)して萎縮します。
英語では Interstitial Cystitisとも呼ばれます。

間質性膀胱炎の方の膀胱を詳しく調べると、異常な新生血管ができてしまうことが知られており、これが原因となるとされています。膀胱の中に水を入れてふくらませる、膀胱水圧拡張術という処置によって異常な血管を観察して診断します。ハンナ病変という、新生血管の集まりを確認することで間質性膀胱炎と診断します。ハンナ病変がない場合は、膀胱痛症候群(Bladder pain syndrome)とも呼ばれます。

治療としては食事療法や薬物療法、経尿道的な手術などの治療法がありますが、従来の治療では十分に満足な結果が得られないことも多くあるとされています。最近になって異常な新生血管を標的にした血管内治療という新しい治療法も開発されています。詳しくはこのページの後半もお読みください。

Q:間質性膀胱炎の症状はどういうものがありますか?

原因不明とされる膀胱痛が慢性的に続きます。おしっこが膀胱にたまると痛みが出てきて、排尿すると改善することが特徴です。尿の貯留で痛みが出るため、頻繁に尿意を感じるようになります。夜間に数回尿のために起きるなどもあります。
また尿意切迫感といって、尿が出る感覚が強く出ることもあります。尿を我慢すると「つらくなる・耐えられない感覚がある」というのも特徴です。
また、食事内容や環境によって症状が変化することも、間質性膀胱炎の特徴です。

ご自身がそのような疑いがあると感じている方は、ぜひ専門医の診療も検討してみてください。

Q:間質性膀胱炎になってしまいました。間質性膀胱炎の原因は何ですか?

間質性膀胱炎では新生血管が集まって増えていることが確認されており、その所見をもって間質性膀胱炎と診断します。これは、普通であれば血管が目立たない膀胱の壁に血管が増えてしまっている状態です。このような異常な血管の集まりをハンナ病変と呼んでいます。また、明らかなハンナ病変がなく、膀胱を水で拡張した際に、膀胱の壁から不自然な出血が見られる場合、Bladder Pain Syndrome と呼ばれます。この場合もやはり膀胱の壁に異常な血管新生が起きてしまうことが確認されています。

これらの異常な血管新生がなぜできるかについては、いまだに解明されていません。仮説としては、膀胱表面の炎症や、神経原性炎症と言われる神経の過敏な状態、アレルギー、自己免疫疾患、微生物感染などが挙げられていますが確定されていません。

最近になって異常な新生血管を標的にした血管内治療という新しい治療法も開発されています。詳しくはこのページの後半もお読みください。

Q:間質性膀胱炎では尿潜血+になりますか?どういう検査をしますか?

尿検査では潜血も含めて異常を認めないことが多いです。潜血+であるかどうかは判断材料にはなりません。もし尿潜血+であるならば、間質性膀胱炎の可能性もありますが、細菌性の膀胱炎や腫瘍などの他の疾患の可能性も考えることも必要です。

間質性膀胱炎の診断は膀胱鏡によるハンナ病変の所見を見ることが必要です。
また、抗菌薬や抗コリン薬という薬で症状が改善しない場合も、間質性膀胱炎を疑います。

Q:膀胱鏡で確定されますか?

確定されます。

前述したように、膀胱鏡でハンナ病変(異常な毛細血管が集まった粘膜の発赤部位のことです)を確認することで診断します。その際に膀胱にある程度の量の水を入れることで拡張させ、出血があるかなどを観察します。

Q:間質性膀胱炎になり4年が経ちます。膀胱拡張術や焼灼術を数回受け、内服治療をしていますが、なかなか治りません。完治しますか?

間質性膀胱炎に対する従来の治療は、対症療法がほとんどです。膀胱鏡を用いた焼灼術は、原因となっている異常な新生血管の病変を焼くので根本治療ですが、何回もできません(焼灼によって膀胱が繊維化して硬くなり、尿の貯留ができないなどの不具合がでるため)。

最近になって、そのような不具合なく治療できる新しい治療法として、異常な新生血管を減らす血管内治療の臨床研究がスタートしています。ご興味のある方は、こちらの記事「間質性膀胱炎への血管内カテーテル治療とは?」も参考にしてください。

Q:間質性膀胱炎に効く漢方薬はありますか?

間質性膀胱炎に対して、現在のところ、非常に推奨されるような漢方薬はありません。診療では竜胆瀉肝湯(ツムラ78番)や猪苓湯合四物湯(ツムラ112番)などが処方されることがあります。対症療法として効果の発揮しうるものもあるかもしれませんが、どの人にも効くという万能なものはないというのが現状です。

Q:間質性膀胱炎に効果的な食事療法はありますか?

軽度から中等度の症状には食事療法が有効です。避けるほうが望ましい食品としては、香辛料などの刺激物、チーズ類、かんきつ類、酢の物、コーヒー、紅茶、チョコレート、アルコール、ビタミンCなどが挙げられます。またカリウムを多く含む食品(大豆やトマトなどが該当します)も控えたほうが良いとされています。どの食品が刺激になるかは個人差があるようなので、食事内容を記録して症状の強さも記録して振り返ることが参考になります。専門の医療機関の受診も検討してみてください。

Q:飲み薬やサプリメントとしては、どんなものがありますか?

飲み薬としては、尿のアルカリ化のための(酸性化すると刺激が強くなるため)ウラリシッドという薬や、鎮痛剤としてロキソニンやボルタレン、トラマールなどがあります。また、抗アレルギー薬としてアイピーディという薬剤も用いられます。また、一部の抗うつ薬や抗ヒスタミン薬も用いられます。

サプリメントについては、はっきりと効果がると証明されたものは難しいです。ですが一般的に炎症を軽減させる方法としては、ビタミンB群の摂取が重要です。また、脂肪酸としては肉に含まれる脂肪よりも、魚などに多く含まれるDHAやEPAといった脂肪酸が炎症の軽減には良いとされ、そのようなサプリメントも良いと思われます。

Q:2年前に間質性膀胱炎と診断され、食事療法や内服治療に取り組んでいますがなかなか治りません。何か良い治療方法はありませんか?

間質性膀胱炎では、前述したように、膀胱壁に生じた異常な新生血管ができています。人間の身体は血管ができると、神経も一緒に増える性質があるため、膀胱が過敏になったり痛みが出たりしてしまうことがわかっています。

最近になって、この異常な血管を血管内治療(尿道ではなく血管内に極細のカテーテルを挿入して治療する方法です。尿道カテーテルのような太いものではなく、直径0.6㎜も非常に細いカテーテルを血管の中に入れて進めていき、膀胱の近くまで到達して、異常な血管を減少させる治療)という方法が注目されています。

ご興味のある方は、こちらの記事「間質性膀胱炎への血管内カテーテル治療とは?」も参考にしてください。

Q:間質性膀胱炎で水圧拡張術を受けることになりました。どんな手術ですか?

全身麻酔もしくは下半身麻酔で行ないます。膀胱や前立腺の手術のときに使われる内視鏡を尿道から挿入し、膀胱を観察した後に、水を3分間ほど注入して膀胱を膨らませて広げる方法です。あまりに長時間拡張すると膀胱が損傷する恐れがあるため、短い時間で終わることが必要です。術後1日か2日は尿道カテーテルを留置し、その後に抜去して退院となります。費用は5日間の入院とすると、入院費を含め3割負担で窓口支払いは8万円ほどかかります。一時的に効果が出ることがありますが、症状はぶり返してしまうことが通常です。

Q:間質性膀胱炎です。水圧拡張術以外にはどんな手術がありますか?

いくつかの手術があります。ひとつはハンナ病変を電気メスで焼く焼灼術です。方法は水圧拡張術と同じように膀胱鏡を使って行います。一時的に痛みが劇的に改善します。40%の人は3年後にも症状が改善したままだと報告されています。しかし、焼灼術は回数を繰り返すと線維化が強く起きてしまい、膀胱の伸張性が失われてしまうため、頻繁に施行することはできません。

焼灼術以外には、より大がかりな手術として、膀胱拡張術や膀胱全摘出術などがあります。どちらも侵襲が大きいため慎重に考えたほうが良いです。

後述するように新生血管を標的とした新たな治療法もあるため、そちらも検討することをお勧めします。

Q:間質性膀胱炎の症状がなかなか治りません。水圧拡張術なども受けましたが、効果が持続しません。手術以外の方法で、何か新しい治療法はありますか?

異常な新生血管を減らすための、「血管内治療」という全く新しい治療法の臨床研究がスタートしています。

間質性膀胱炎では、膀胱壁に生じた異常な新生血管ができていますが、血管ができるとその周りに神経も一緒に増えてしまうため、膀胱が過敏になったり痛みが出たりしてしまうことがわかっています。

異常な血管を消滅させる治療として、カテーテルを用いた血管内治療が開発され、すでに関節の痛みなどに応用されています(関節の痛みへのカテーテル治療の詳細はこちらから。

カテーテルと言っても、尿道カテーテルのような太いものではなく、直径0.6㎜の非常に細いカテーテルを血管内に挿入して治療する方法です。血管の中に入れて進めていき、膀胱の近くまで到達して、異常な血管を減少させる治療で非常に注目されています。

現在はまだ新しい治療のため、臨床研究に参加することができます。ご興味のある方は、こちらの記事「間質性膀胱炎への血管内カテーテル治療とは?」も参考にしてください。

慢性痛についてのお問い合わせ・診療予約

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日