ドクター紹介

DOCTOR
院長 奥野祐次

奥野 祐次YUJI OKUNO

メッセージ

「みんなに笑顔になってほしい!」
というコンセプトから、Okuno Clinic.で診療をしています。
痛みから解放されて、「こんなことがやりたかったんだ!」というあなたに出会えるように、心をこめて診療にさせていただきます。長引く痛みの原因「モヤモヤ血管」の存在は、まだまだ知られていません。病院にいってレントゲン検査や注射の治療を行ってはいるが、なかなか痛みが改善されず苦しんでいる方々のお話をたくさん聞いてきました。

今では治療患者数が年間2,842件(※2018年当院調べ)を超えました。定期的に治療説明会を開催し、モヤモヤ血管とは何か?なぜできるのか?治療前・治療後のモヤモヤ血管の写真をご紹介し、安心して治療を受けていただけるよう定期的に治療説明会を開催しております。少しでも多くの方が、原因を知っていただき痛みの悩みから解放され、笑顔溢れる毎日を過ごしていただきたいと思っております。受診をご検討されているみなさま、お気づきの点あればまずはお気軽にご相談ください。

経歴

  • 2006年3月
    慶應義塾大学医学部卒業
  • 2008年4月〜
    放射線科医として血管内治療に従事
  • 2012年3月〜
    大学院博士課程修了・研究分野は「病的血管新生」
  • 2012年4月〜
    江戸川病院にて運動器疾患に対する血管内治療を専門とする
  • 2014年4月〜
    同施設にて、運動器カテーテルセンターセンター長に就任
  • 2017年10月〜
    オクノクリニック「Okuno Clinic.」センター南にて開院。オクノクリニックの総院長就任。現在に至る

書籍

澁谷 真彦

澁谷 真彦MASAHIKO SHIBUYA

メッセージ

私自身スポーツが大好きで、元々大学時代はラグビーをしていました。
アメリカに研究留学中、友人に誘われトライアスロンに挑戦しました。
アメリカの大自然を生かしたコースは絶景で、それ以降トライアスロンに夢中になり、現在は国内外の大会に年3回は出場する事を目標に日々トレーニングに励んでいます。

診療を通じて、痛みの影響で大好きなゴルフやテニス、水泳などのスポーツを諦めた患者さんにたくさん出会います。私自身、スポーツが大好きなので、その辛さはよくわかります。そして治療を行い痛みから解放され、スポーツに復帰し生き生きされている姿を見ると本当に当院にきていただいて良かった!と思います。

神戸三宮院での院長勤務にあたり、この画期的な治療を関西の痛みで困っている方、治療方法がなく諦めている多くの方に、適切に広まるように真摯に努力してまいります。

経歴

医学部卒業後、循環器内科医として心臓血管カテーテル治療に従事。2012年11月〜2014年10月アメリカSkirball Center for Innovation (ニューヨーク州、血管内治療デバイス研究施設)に研究留学。2016年3月大学院博士課程修了 研究テーマ「冠動脈ステント留置後の病理組織と光干渉断層法の画像の比較について」。
2017年10月オクノクリニック入職。横浜 センター南院にて院長を経て、2019年6月より神戸三宮院 院長に就任。現在に至る

杉原 英治

杉原 英治EIJI SUGIHARA

メッセージ

放射線科医として25年間、大阪大学の系列病院で全身の血管造影などのIVR治療手技と画像診断に全力を注いできました。
オクノクリニックでは、これまでの経験を充分に発揮し、さらにそれを応用した運動器カテーテル治療を行なっていきたいと考えています。
私自身も、普段から筋トレなど身体のケアに気を使っており、休みの日はジョギングやテニスを楽しんでいます。普段の何気ない動きやスポーツを楽しむ時間がいかに人生を豊かにしているかを実感しています。早く痛みから解放され、何気ない動きを気にすることなく患者さまが生活を過ごせるよう身体の痛みについて、思いを共有しながら、治療にあたっていければと考えています。

経歴

  • 1994年
    大阪大学医学部卒業
  • 2000年
    大阪大学大学院医学系研究科卒業 学位取得

日本医学放射線学会 放射線診断専門医、日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医。放射線科にてCTやMRIなどの画像診断およびIVRにおける治療・診断に従事。関西労災病院放射線診断科部長を経て、2019年7月オクノクリニックに入職。現在に至る。

土肥 美智子

土肥 美智子MICHIKO DOHI

メッセージ

少しでもお役にたちたい。痛みで競技復帰がうまくいかない あるいはスポーツをあきらめなければならないアスリートやスポーツ愛好家のために少しでもお役にたてればと思い日々治療に従事しております。

治療を経て、大好きなスポーツに復帰できた方々を見ていると本当によくがんばっていただいた!よかったと心から思えます。できるかぎり体調管理やコンディショニングのサポートなど痛みのケアを心がけていきたいと思います。

経歴

1991年3月千葉大学医学部卒業後、放射線科医として画像診断、カテーテル治療を含むインターベンション治療に従事。
2006年1月国立スポーツ科学センターにてスポーツドクターとして勤務。2008年北京オリンピック、2012年ロンドンオリンピック、2016年リオオリンピックでは、メディカルスタッフとして日本選手団に帯同した経験もあり。オリンピック選手団本部チームドクター、サッカー男女日本代表チームドクター等を務める。2017年10月オクノクリニック入職。現在に至る

ページ上部へ
CONTACT