モヤモヤ血管とは?

Abnormal neovessels?

モヤモヤ血管とは、痛みの原因部位にできてしまう「異常な血管」のことです。

モヤモヤ血管
人間の身体には生命を維持するのに欠かせない「正常な血管」だけではなく、病気の原因になってしまうような「異常な血管」もできてしまうことが最近になってわかってきました。
特に五十肩や腰痛、ひざの痛みや肩こりをはじめとした、治りにくい関節の痛みには、そのような異常な血管(いびつな構造でモヤモヤとして見えるため、モヤモヤ血管と呼んでいます)が存在することが様々な研究で確かめられています。

※詳しくは、学術・論文ページもご覧ください。
https://okuno-y-clinic.com/academic

では
なぜ「モヤモヤ血管」が痛みを発生してしまうのでしょうか?

実は人間の身体は「血管と神経が一緒になって伸びる」という基本ルールがあります。つまり血管が増えているところには、神経も一緒になって増えていて、この余計に増えた神経から痛みの信号が脳に送られることがわかってきました。

しかも、もやもや血管と神経は一度できてしまうとなかなか簡単には減りません。ですから痛み止めや湿布などでは到底太刀打ちできないのです。

特に40歳を過ぎたころからモヤモヤ血管ができやすいことがわかっています。また若い方でもスポーツや仕事で繰り返し負担がかかっている部位には、このもやもや血管ができやすいです。







■モヤモヤ血管を減らす注射

モヤモヤ血管を治療する方法の一つが、モヤモヤ血管を標的とした注射治療です。
この注射は一般的に整形外科やペインクリニックで行われている「ヒアルロン酸注射」や「ブロック注射」とは大きく異なります。
何が違うのかと言いますと、ひとつは注射を打つ部位(ターゲット)です。また注射の内容(含有成分)も異なります。
オクノクリニックで提供している注射は、痛みの原因となるモヤモヤ血管ができている場所にピンポイントに打ちます。これは従来のレントゲンなどを基にした診療とは異なる発想で、モヤモヤ血管の専門家だからこそできる治療です。 しかもモヤモヤ血管(異常な血管)を減らす作用のある薬剤を用います。

このため、他の一般的な注射と異なり、高い除痛効果を得られます。また8割以上の患者さんにおいて効果が一時的ではなく治癒に向かっていきます。

すでに年間3,000人近くの方がこの注射を受けており、重大な副作用が出ていませんから、安全な治療として提供することが可能です。
モヤモヤ血管を減らす注射をまだ受けたことがない人は、ぜひお試しください。



■モヤモヤ血管への運動器カテーテル治療

オクノクリニックの提供する治療の中で最も特徴的なのが運動器カテーテル治療です。
モヤモヤ血管への注射は、身体の外側からモヤモヤ血管を攻撃しますが、運動器カテーテル治療は血管の中から攻撃します。
カテーテルというのは非常に細くて柔らかいチューブのことです。

ちょうど点滴をするのと似ています。点滴は短いチューブを静脈の中に挿入し薬液を滴下します。カテーテルはこの点滴のチューブをそのまま長くしたもので、このチューブを手首や足の付け根から血管の中に挿入し、目的の治療部位まで到達させます。

カテーテルは太さ0.6㎜でチューブ自体が柔らかいため(実際に来院して触っていただくとわかりますが)、安全に治療することが可能です。
カテーテルで痛みの出ている現場まで到達すると、モヤモヤ血管が見えてきますから、そうしたらそこに薬剤を注入します。
使用する薬剤については→こちらのページも参照してください。

また、より詳細に知りたい方は、下記のリンクからメディアで紹介された動画もご覧になれますので、参考になさってください。



■カテーテル治療で使用する薬剤について

カテーテル治療で用いる薬剤は「イミペネム・シラスタチン」という薬剤で、20年以上前から「抗生物質」として認可が下りているものです。

運動器カテーテルは血管を減らすことが目的なのに、どうして細菌を退治する抗生物質を使うのでしょうか?
実はこの薬は非常に「溶けにくい」ことで有名です。溶けにくいために、少量の液体と混ぜると、溶けずに小さな「粒子」になります。

この粒子をカテーテルで注入すると、細かい血管のところで「詰まり」ます。つまり、異常な血管がたくさんあるところでこの薬を流すと、異常な血管のところに集まってくれるのです。これにより、異常な血管は血液の流れが悪くなり、ダメージを受けることになります。

では、正常な血管にはどう作用するのでしょうか?正常な血管にもダメージを与えてしまい、「壊死」や「損傷」などの怖いことが起きてしまわないのでしょうか?
結論としては、全くその心配はありません。

今までに2000人以上の患者さんが「イミペネム・シラスタチン」の粒子による運動器カテーテル治療を受けていますが、「壊死」や「損傷」といったことが生じたことは1例もありません。

なぜでしょうか。
病気で新しくできた異常な血管は「血管としての経験」が浅く、トラブルに対応する能力が低いといえます。一方で、正常な血管は生まれた時から存在しており、すこし流れが滞っても、再び血液が流れるようになる(再開通させる)仕組みがあるのです。

このため正常な血管では再開通して血液の流れが保たれるのに対し、異常な血管にはきちんとダメージを与えることができる、非常に安全性が高い優れた薬剤なのです。





ページ上部へ
初めての
お電話