慢性痛治療の専門医による痛みと身体のQ&A

乳がん、肺がんの手術後の傷跡の痛み

Q:乳がんの手術をして4か月が経ちますが、手術した傷がいまだに痛いです。天気の悪い日など痛みがひどくなりつらくなります。これは何かの病気ですか?よくあることなのでしょうか?

乳癌の手術後に傷やその周囲が痛み、なかなか痛みが治らないで続いている方がおられます。このような状態は正式には「乳房切除後疼痛症候群」と呼ばれ、決して珍しいわけではなく、後述するように乳がん手術後の一定の割合の方に生じてしまいます。

原因や病態はまだ十分には理解されていません。一説には手術の時に神経を傷つけているためと考えられています。また、手術でメスを入れた部位に長く続く炎症が起きており、痛みが続いているとも考えられています。その他、放射線療法や化学療法でも起こる方もいます。

Q:乳がんの手術後に傷跡が痛い状態が1年以上続いています。お医者さんからは乳房切除後疼痛症候群と言われました。どういう人がなりやすいのですか?頻度は高いですか?

乳房切除後疼痛症候群は、1970年頃より報告があり、乳癌術後に神経に傷がついて生じる疼痛、または炎症が長引いて生じる痛みと考えられています。頻度としては調べ方によりかなり違いがありますが、4%という少ない報告から、多いものでは乳がん手術後の68%の方に生じるという報告もあり、決して珍しい状態ではない様です。

なりやすい方としては、若年の方(特に65歳未満)、乳房全摘術よりも乳房温存術を受けられた方、腋窩(えきか)リンパ節の郭清(リンパ節とわきの下の脂肪を一塊として切除)をされた方、手術前からかなり痛かった方、手術後すぐに痛みが出た方、放射線治療をされた方がなりやすいと考えられています。ぜひ慢性痛の専門機関の受診を検討してみてください。

Q:乳がんで乳房温存手術を受けました。脇の傷のところから脇全体、腕の内側真ん中までがピリピリと痛みます。服が触れるだけでも痛いです。医師や看護士は、術後は痛いのが当たり前と言います。このような痛みが続くことがあるのでしょうか?治療法はありますか?教えてください。

確かに手術の傷が直後に痛むことは普通ですが、その期間や程度によっては通常の術後の痛みでは説明できない場合があります。この場合は、乳房切除後疼痛症候群の可能性があります。

治療方法としては、一般的には内服薬が処方されることが多いです。日本乳癌学会の乳癌診療ガイドラインでは、「局所再発がないことを確認、説明したうえで、神経障害性疼痛に用いられる薬剤を効果と安全性を見ながら慎重に使用することを考慮してもよい」と書かれています。この場合、使用する薬剤は、抗うつ薬、抗けいれん薬(リリカなど)、局所麻酔薬、オピオイド(麻薬など)とされています。しかし、必ずしも効果がある訳ではないとされています。

最近になって手術で生じた傷跡の痛みを治す治療として、カテーテル治療という方法も用いられるようになっています。詳しく知りたい方は、専門の医療機関の受診も検討してみてください。

Q:私は乳がん手術から4年が経ちます。これまでにも術部やその周辺がチクチクと痛む事があり、その度にエコーでみてもらったりしてきました。ここ最近は乳房が熱を持って腫れていて気になっています。いつになったら治りますか?

がんの再発が否定的なのであれば、乳房切除後疼痛症候群である可能性が高いです。乳房切除後疼痛症候群では、痛みの原因にアプローチしない限り、放っておいてもなかなか治りません。かなり年数が経過しても痛みが続くことがあるとされています。術後10年でも約20%に症状があるとの報告もあります。

年齢が上がると少しずつ改善の可能性はある様ですがそこまで期待できません。手術から4年が経過しているのに熱を持って腫れているとのことなので、炎症が長引いている可能性があります。炎症が長引いている部位では異常な血管が増殖して居座っており、痛みや腫れ、熱感の原因になっていることが最近になってわかってきています。専門の医療機関の受診も検討してみてください。またこちらのページの治療例もご参考になさってください。

Q:肺がんの手術をした後に、手術の痕やその周辺に鈍痛やチクチクした痛み、不快感が続いています。もう1年以上経過します。一時期よりましですが、改善しません。この原因は何でしょうか?よくあることなのでしょうか?どれくらいしたら治りますか?

肺がんの手術の傷に関連した術後痛は、神経障害性疼痛や、慢性炎症による疼痛の可能性があります。専門的には「Incision induced pain」と呼ばれる状態です。肺がんと乳がんの手術後に多いとされていますが、どのような手術でも生じる可能性があります。

重度のものは一度起こると自然にはなかなか改善しないと考えられています。乳がんでは手術後10年でも20%の人に症状があるという報告もあります。このためどのくらいしたら治るかを言い当てることは難しい状況です。専門の医療機関を受診してみてください。

Q:肺がんの手術を受けたことによる脇にかけての痛みがあります。術後5カ月くらいで少し和らいだのですが、その後は変わりません。鋭いきりきりとした感覚の痛みや鈍痛が続いています。原因は何ですか?治療法はありますか?

肺がんの手術に限らず、あらゆる手術において手術痕の痛みが生じ、長引くことがあります。Incision induced painとも呼ばれます。原因は、手術による皮膚への知覚神経の障害のほか、手術痕に生じた慢性的な炎症が長引いているという説もあります。治療法は神経障害性疼痛の場合は治療薬(抗うつ薬、抗けいれん薬など)を使うことがありますが確実な治療法ではありません。

最近になって慢性的な炎症が原因の場合は、炎症によって生じた異常な血管を標的にしたカテーテル治療が効果があるという報告があります。一度こちらの記事も参照にしてみてください。

Q:乳房切除後疼痛症候群と言われました。リリカやトラムセットなどの内服薬を処方されましたが、私にはあまり効果がありませんでした。リンパ浮腫のマッサージなども痛くて受けられません。他に治療法はありますか?

神経障害性疼痛に効くとされるリリカも、乳房切除後疼痛症候群では必ずしも効くとはいえない状況です。リンパ浮腫を受けられない方も多くおられます。最近、術後痛や神経障害性疼痛に、動脈からカテーテルを使って薬剤を流す治療法が効果があることが分かってきました。ご興味のあるかたはこちらの治療例の記事も参考にしてみてください。また、専門の医療機関の受診もご検討ください。

慢性痛についてのお問い合わせ・診療予約

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日

痛みをもたらす病気・けが

執筆 奥野祐次(医師)

医師 奥野祐次

医療法人社団 祐優会 総院長
オクノクリニック 院長
慶応義塾大学医学部卒業
慶応義塾大学医学部医学研究科修了