慢性痛治療の専門医による痛みと身体のQ&A

鵞足炎(がそくえん)

Q:ひざの内側が痛くなり、病院に行ったところ鵞足炎と診断されました。どんな病気ですか?

鵞足炎は「鵞足(がそく)」と呼ばれるひざの内側下方の脛骨の周囲に炎症が生じる病気です。英語ではPes Anserine Bursitisと呼ばれます。「鵞足」とは、脛骨というスネの骨の内側(膝から5-7㎝ほど下)に位置し、縫工筋、半腱様筋、薄筋と呼ばれる筋肉の腱が骨にくっつく部位(付着部)です。この部位にある滑液包に炎症が生じる状態が鵞足炎です。

滑液包(Bursae)とは、膝をはじめとした関節に存在する小さなゼリー状の袋です。 少量の液体が含まれており、骨と軟部組織の間に存在し、摩擦を軽減するクッションとして機能します。

鵞足炎は膝の屈曲や股関節の内転動作によって滑液包に負担が繰り返しかかり慢性的な痛みが生じます。アスリートをはじめとしたスポーツ選手に生じやすく、また、スポーツをしていなくても打撲などをきっかけに発症することもあります。

鵞足炎の治療としては、理学療法や注射などの保存療法が一般的です。

外反母趾の疼痛部位
鵞足炎の疼痛部位

Q:鵞足炎の原因は何ですか?

前述したように鵞足炎は鵞足にある滑液包の炎症(滑液包炎)です。滑液包炎は通常、繰り返される摩擦とストレスによって発症します。 特に膝の屈曲や内旋動作が鵞足への負担となります。鵞足炎は、ランナーをはじめとした競技者(アスリート)のうち、特に縫工筋、半腱様筋、薄筋と呼ばれる筋肉に硬さが強い場合に頻繁に生じます。また、アスリートだけでなく変形性膝関節症の人にもよく見られます。さらには、直接的な打撲のような外傷も鵞足炎の発症の契機になります。

鵞足炎には以下のようなリスクファクター(発症に寄与する可能性が高まる要因)があります。
・不適切なトレーニング
・ストレッチを怠ること
・急な坂道のランニング
・走行距離の急激な増加
・ハムストリングの硬さ
・肥満
・変形性膝関節症
・内側半月板損傷

Q:鵞足炎の症状にはどのようなものがありますか?

鵞足炎では膝の内側下方5-7㎝ほどの場所に痛みが生じます。その部位に腫れや押すと痛い(圧痛と呼びます)、熱感などが生じます。

運動時や階段を下る時、歩くときに痛みが増します。また、重症になると何もしていなくてもうずくように痛くなることがあります。

Q:鵞足炎になって5か月が経過しますが、寝ているときにも痛みで疼きます。なぜこんなにも痛くなるのですか?

寝ているときにも痛みがあるということは、物理的な負担がかかっていない時も痛みが生じていることになります。このような痛みを「自発痛」と呼びます。鵞足炎では滑液包に炎症が起きてしまいますが、この炎症が強くなると、自発痛が生じるようになります。

鵞足炎に限らずに炎症が強いときには(熱を持ったり、発赤したりします)、正常であれば細いはずの毛細血管が拡張し、数も余計に増えてしまいます。

このように血管が余計に増えてしまうと、神経も一緒になって増える性質があるため、炎症の部位では過敏な状態になります。そうなると少しの刺激や、あるいは刺激が無くてじっとしているだけでも強い痛みが出てしまいます。質問者さんのように寝ていても痛い、あるいは弱い刺激でも痛いときは、まさにこのような状態です。

最近になって、このような異常な血管を減らすための新しい治療が開発され注目されています。カテーテル治療というもので、日帰り治療が可能です。詳しくはこちらの治療実例のページも参考にしてください。

鵞足炎でひざの痛みが取れなかったハードル選手の実例

Q:鵞足炎はどのように診断しますか?膝の内側が痛いのですが、鵞足炎で間違いないでしょうか?

鵞足炎と診断する際は、スポーツ活動の内容や打撲の既往などの病歴の聴取に加えて、鵞足部に圧痛や腫脹、熱感があるかなどの身体所見、またレントゲン検査で変形性関節症の有無や疲労骨折の有無、MRIや超音波装置により軟部組織の腫脹などを観察して診断します。

内側の膝の痛みということなので、内側側副靭帯の損傷など、膝の内側の痛みの原因になる他の病気との鑑別も必要です。
鵞足炎はストレス骨折の症状とも似ているため、診断には通常X線検査が必要です。

Q:鵞足炎に効果的なストレッチを教えてください

1ここではご自身でできるストレッチを紹介します。鵞足炎では太ももの筋肉が硬くなることで症状が悪化するので、ストレッチで緊張を弱めることが効果的です。
ただし、炎症が強い時期(痛みの強い時期)にストレッチを過度に行うと、かえって症状が増悪することがありますので、軽いストレッチに留め、十分な局所の安静とともに、アイシングや概要消炎剤の塗布、消炎鎮痛剤の投与などを併用します。

1.大腿後面のストレッチ
片脚を伸ばし、もう一方はあぐらをかくように膝を曲げて床に座ります。伸ばした側の足先を両手で触るように体を前にゆっくりと倒していきます。すると太もも後ろ側の筋肉の一部が伸びて張りを感じると思います。この状態で15秒伸ばします。強く痛みを感じるようであれば、伸ばしている側の膝を少し曲げて行ってください。

2.太もも内側の筋肉のストレッチ
1と同様の姿勢で座ります。伸ばした側のつま先を内側に倒します。その状態から、伸ばした側の足先を両手で触るように体を前にゆっくりと倒していきます。すると①よりも内側の筋肉の一部が伸びて張りを感じると思います。この状態で15秒伸ばします。

Q:鵞足炎になりました。テーピングで改善しますか?どのようにするのが効果的ですか?

テーピングを以下のように使うことで、動作時に膝関節が足関節より内側にならないようになり、鵞足部への負担を軽減することが可能です。

1.膝関節を少し曲げ、股関節を少し内側にした状態で貼ります。伸縮性のあるテーピングを使用します。膝下の前内側から膝関節内側を通り、太もも1/2の内側まで貼ります。このように貼ることで膝関節の内側方向への動きを制限することができます。もう少しテーピングの強度を上げたい場合は、テーピング幅の半分ほど位置をずらして貼るようにしてください。

2.踵(かかと)が内側に倒れないように誘導するテーピングも有効です。外側のくるぶしの下から踵に向かって斜めにテーピングを貼り、踵の後ろ側を通って、内側のすねの真ん中くらいの位置まで貼ります。

Q:鵞足炎の治療にはどのようなものがありますか?注射は有効ですか?

鵞足炎は滑液包の炎症であるため、一般的な治療法として、安静、アイシング(氷で定期的に1日に3~4回、約20分間冷やします)、抗炎症薬、理学療法などがあります。またそれらの治療で改善しない場合は、滑液包に少量のステロイド注射も行われます。

ステロイド注射では症状がすぐに改善することが多いですが、1-2か月して痛みがぶり返す可能性があり、注意が必要です。何度も打つのは良くないです。1,2回までは良いですが何度も注射をすると癖になってしまい、一向に治癒しないことがあります。

Q:鵞足炎になってステロイドの注射もしましたが、改善しません。医者からは「ステロイドは3回まで」と言われています。何か他に治療方法はないのでしょうか?

前述したように、鵞足炎の痛みが発生する膝内側5cm下の部位では、炎症に伴って異常な血管が増えてしまい、強い痛みの原因になっていることがわかっています。

最近になってこのような異常な血管を減らすための「カテーテル治療」という新しい治療が開発され、海外でも注目されています。

詳しくはこちらの治療実例のページも参考にしてください。

鵞足炎でひざの痛みが取れなかったハードル選手の実例

またカテーテル治療について知りたい方はこちらのページも読んでみてください。

慢性痛についてのお問い合わせ・診療予約

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日