奥野祐次先生のコラム

COLUMN
COLUMN.11

ひざ下の痛み

ひざ下に痛みのある人もたくさんいます。
ひざのお皿のことを、膝蓋骨といいますが、主にこのお皿の下に痛みを感じる人がいます。
膝蓋下脂肪体(しつがいかしぼうたい)というところが痛みの原因になっているかもしれません。

足を伸ばした状態で、お皿の下あたりを押すと痛い場所がある。正座をすると痛い。
もしそのような痛みの場合は、カテーテルの治療で効果がある可能性が非常に高いです。

治療は1回で済みます。

カテーテルの治療は、10代の若い人も受けていますし、70歳、80歳の人も治療を受けています。

治療での手順としては、まず外来でひざ下に「不要な血管」があるかどうか診察します。
これはエコーという機械を使って検査をします。全く痛くありません。
この検査で「不要な血管」が見つかれば、治療の予定を立てます。

治療は、日帰りでできます。

上の写真は1年続いた膝蓋下脂肪体の痛みの患者さんです。
詳しい資料や診察を希望される方は、お電話またはお問い合わせフォームよりご連絡ください。

ページ上部へ
CONTACT