奥野祐次先生のコラム

COLUMN
COLUMN.8

腸脛靭帯(ちょうけいじんたいえん)の痛み

膝の外側に痛みのある人は、腸脛靭帯炎という状態かもしれません。
膝の外側に押すと痛い場所がある。曲げるときに痛みを感じる。太ももの外側が張る。もし、そのような痛みの場合はカテーテルの治療で効果がある可能性が非常に高いです。

治療は1回で済みます。

カテーテルの治療は、若い人だけでなく70歳、80歳の方々も治療を受けています。当院では外来で「不要な血管」があるかどうか診察します。「不要な血管」が見つかれば、治療の予定を立てます。
治療は、日帰りでできます。

上の写真は、2年以上続いた腸脛靭帯炎の患者さんです。治療して、6日後から練習を再開しています。すでに、治療から2年以上が経過していますが、痛みは再発していません。

ページ上部へ
CONTACT