奥野祐次先生のコラム

COLUMN
COLUMN.19

ニセ手術の驚くべき効果!!  前半

「プラシボ効果」という言葉を聞いたことがありますか?

プラシボ(偽薬)効果とは、薬としての効果を持っていないモノを飲んでも

「効くものだ」と医者からインプットされることで得られる効果のことです。

 

実はこのプラシボ効果が現れるのは飲み薬だけではありません。
プラシボ効果は「手術」にも現れます。

「今から手術であなたの痛みを除去しましょう」と医者に言われて手術を受けて、
そして、実は皮膚を切っただけ、という手術を行っても
患者さんは「痛みの改善」を自覚する、というものです。

これは驚くべきことですが、本当にそういうことがあります。

下のグラフを見てください。

これはMoseleyという人たちが行なった有名な研究の結果を表しています。

グラフの縦軸は痛みのスコア(上に行くほど痛みが強い)
横軸は時間の経過です。

Moseleyは膝(ひざ)の痛みを抱える患者を3つのグループに分けました。

各グループはそれぞれ違った手術を受けます。

1つめのグループは、関節鏡で膝の中を掃除するグループ
2つめは、関節鏡で膝の中を掃除して、さらに異常な組織を除去するグループ
そして3つめは、「関節鏡でひざを手術します」と言って、実際には皮膚を1cm切っただけのグループです。

この3グループで痛みの変化を追いました。
普通に考えれば、異常な組織を除去したグループが最も効果が出るだろうと予測します。

ところが!!!

結果は3つとも変わらなかったのです。

つまり、ニセ手術を受けた人と、本当の関節内の手術を受けた人とで、痛みの改善の仕方に違いはありませんでした。

グラフには3本の線があります。

黄土色の線が関節の中を掃除したグループ
赤の点線が、関節の中を掃除して、異常な組織を除去したグループ
そして緑の線が、ニセ手術のグループの痛みの変化です。

どのグループも大差がなく、手術のすぐあとのタイミングでは「ニセ手術」を受けた人の方が痛みの症状が改善されている(グラフが下に落ちている)ことがわかります。

もちろん、誤解しないでください。
すべての関節鏡の手術に効果がないと言っているわけではありません。

「変形性関節症」という病気でひざに軽度の変形があり、そしてひざが痛い人を対象とした研究です。

「半月板損傷」や「靭帯損傷」などの際の関節鏡の手術は効果が高いことは実証されています。

とはいえ、この「変形性関節症」という病気で関節鏡の手術はたくさんやられていましたから、非常に「驚き!」のデータであったことがわかります。

なぜこのようなことが起きるか?それは後半で話しましょう。

ページ上部へ
CONTACT