治療実例

INSTANCE

股関節唇損傷の痛みへのカテーテル治療の実例

女性 / 50代 / 神奈川県在住 /

受診までの経過SIGN AND SYMPTOM

股関節唇損傷は股関節の前方や側方、ときには後方に痛みを感じる病気ですが、股関節唇に損傷があっても痛くない人もいて、本当に痛みの原因が損傷にあるのかどうかは議論が分かれます。股関節唇の周りに異常な血管が増えていてそれが痛みの原因になっているという報告もあり、そのような異常な血管を減らすためのカテーテル治療という新しい治療もされるようになりました。
今回紹介したいのは、他のいくつかの病院で股関節唇損傷と言われたものの、なかなか良くならずに当院を受診した50代の患者さんです。

6年前から左の股関節に痛みがありました。特に前かがみになって靴を履いたり脱いだりするのが痛くてできませんでした。足を持ち上げることが痛くてできず階段の上り下りができない状態でした。また30分くらい歩くと股関節が痛くなり、びっこをひいていたそうです。
股関節唇損傷で有名な病院を受診し手術もすすめられたそうですが、成功率もそこまで高くないと言われ迷っていたところ当院を受診されました。

治療時の所見FINDINGS

左側の股関節の前方にエコーをあててみると、痛くない右側には観察されないような異常な血管を認めました。このため股関節唇の損傷部位に異常な血管が関与している痛みだと判断し、カテーテル治療を予定しました。
カテーテル治療では股関節の外側から前方に回り込む血管を調べてみると、痛みのある部位に異常な血管が観察されたため、こちらを治療しています。

治療後の経過FOLLOWING THERAPY

治療から1か月経過したときに受診してくださり、痛みがかなり減ったと喜んでくださっています。長時間の歩行もできるようになり、何より靴の脱ぎ履きや車の乗り降りが痛くなくできるようになったことがうれしいとおっしゃってくださいました。エコーで観察してみても、異常な血管の信号が減っており、順調な経過だと判断しました。その後、現在は治療から1年半が経過しますが、大きな再発もなく順調に経過しています。
もともとフラダンスをしていたそうで、痛みで制限があったようですが、最近はまったく気にすることなくできると喜んでくださっています。

股関節新損傷は手術をしなくても改善する方も多くいらっしゃるので、ご興味のある方はカテーテル治療も検討してみてください。