治療実例

INSTANCE

30年間続いていた腰痛への運動器カテーテル治療の実例

男性 / 60代 / 東京都在住 /

受診までの経過SIGN AND SYMPTOM

腰痛があるにもかかわらず、病院に行ってもそれほど悪いところを指摘されない方は多くいらっしゃいます。そのような腰痛を非特異的腰痛と呼んでいますが、その中で頻度が高いもののひとつに椎間関節性腰痛(ついかんかんせつせいようつう)があります。

今回紹介したいのは、椎間関節性腰痛のため長い間苦しんでこられた60代男性の患者さんです。30年前から腰痛が発生してしまい、当時いろいろな病院に行ってMRIなどで調べたものの痛みの原因はわからず、「軽いヘルニアがあるくらいで、これでなんで痛いのかわからない」と言われてきました。
その後も腕の良いお医者さんや治療家の方がいると聞けばそこを訪れることを繰り返していたようです。ですが一向に改善しませんでした。

特にここ1年でさらに酷くなり、ベッドで横になると痛みで動けなくなってしまうためフローリングにヨガマットを敷いて寝ていました。それでも夜、寝ていて痛みを感じて途中で起きてしまうことを繰り返していました。また車の運転席に座ること自体がつらく、座り始めてしばらくすると痛みで動けなくなってしまうため、ここ数年間は車を運転することもできませんでした。

治療時の所見FINDINGS

治療前に圧痛の部位(異常な血管ができている部位)を把握したところ、右の4番5番の腰椎椎間関節にいちばん強い痛みを訴えていました。また、以前撮影されたMRIでは、この圧痛のある4,5番の腰椎椎間関節に、異常な血管の所見を認めました。このためこの部位を治療することをプランしました。
カテーテル治療の際は右の第4腰動脈から異常な血管が確認できたためここを治療しています。また右腸腰動脈という血管からも異常な血管が確認されたため、異常な血管を減らす処置をして終えています(下の画像)。

治療後の経過FOLLOWING THERAPY

治療の2日後から夜ぐっすり一度も起きずに眠れたと経過を報告してくださいました。また1週間ほどすると今までできなったベッドで横になることができ、寝ている間に痛みがないことが信じられない。非常に快適だったとおっしゃっていただきました。
その後もさらに痛みが改善し、治療後3週間ほどするともう何年もできていなかった車の運転が可能となり、床に落ちているものを拾う動作やゴルフのラウンドなど日常生活でやりたかったことが自由にできることが嬉しいと言っていただいています。

腰痛の治療は、MRIでヘルニアなどの異常がない場合は、特に何もできないとされていましたが、カテーテル治療で効果が期待できる方もたくさんいらっしゃいます。ご興味ある方は専門の医療機関に一度ご相談してみてください。