治療実例

INSTANCE

吐き気と腕のしびれを伴う肩こりの治療実例

女性 / 50代 / 在住 /

受診までの経過SIGN AND SYMPTOM

20年前から誘引なく、左肩の肩こりを自覚していました。肩こりは一日中続いていました。特に天気が悪い日は症状が悪化し、吐き気も伴っていました。4年前に追突事故をきっかけにして、症状が強くなりました。また首の後屈で痛みが増悪していました。さらには左の上腕ー前腕にかけてのしびれを伴うようになり、これが最もつらい症状でした。

肩を揉んでもらっても、一向に改善する気配はありませんでした。整形外科を受診して、レントゲンを施行しますが、特に異常は認めず、どんな治療をしても症状が良くなる気配はありませんでした。

インターネットで当院を見つけて、受診されました。

治療時の所見FINDINGS

当院来院時、肩の肩甲上角という、肩甲骨の上部に圧痛と明らかな腫脹をみとめました。
腫脹はモヤモヤ血管の存在を強く示唆する所見です。症状が強く、しびれも伴っており、カテーテル治療を選択しました。
カテーテル治療の際には、肩こりの圧痛部を栄養している頸横動脈という血管の治療を行いました。カテーテルでは圧痛部にモヤモヤ血管を疑う所見を認めました。

治療後の経過FOLLOWING THERAPY

カテーテル後、4日目に肩が軽くなっていることに気づきました。またそれとともに1日中続いていたしびれも軽快しました。
その後は天気の悪い日によく認めた吐き気も軽快しました。

現在も症状の再発はなく、生き生き生活をされています。





ページ上部へ
CONTACT