治療実例

INSTANCE

テニス肘への5分でできる動注治療の治療実例

女性 / 50代 / 神奈川県在住 /

受診までの経過SIGN AND SYMPTOM

テニス肘の治療は5分ほどで終わる肘の動注治療という負担の少ない治療が開発され、カテーテル治療よりも費用がかからずうけていただくことが可能になりました。

今回紹介したいのは、テニスが大好きでほぼ毎日テニスをしている50代女性の方です。

テニスの試合にも頻繁に出ている方で、半年ほど前から肘の痛みを自覚していました。仕事ではパソコンの入力作業をするときに痛みがでて書類作成が苦痛でした。また家事もつらくフライパンを持ち上げるときに痛みが出るのが悩みでした。

整形外科で診てもらうものの湿布やリハビリをするだけでまったく痛みが改善されませんでした。テニスの練習仲間で、以前オクノクリニックでモヤモヤ血管のカテーテル治療をうけた人がいたのでその話を聞き、当院を受診されました。

治療時の所見FINDINGS

肘の外側の外側上顆とよばれる場所に圧痛を認め、ミドルフィンガーテスト陽性でテニス肘と診断しました。超音波で患部を見てみると患部の腫れは強く、また下の写真のようにドップラー信号という血管を映す信号が増えており、異常な血管が関与している重症のテニス肘と診断しました。

負担の少ない肘の動注療法を提案してうけてもらいました。動注治療の最中には写真に示すように痛みのある右肘に異常な血管が増えていることが確認できました。異常な血管(モヤモヤ血管)を減らすお薬を入れて治療は5分ほどで終わっています。

治療後の経過FOLLOWING THERAPY

この方の場合は、かなり早い段階で痛みが改善されました。動注治療から2週間後にテニスを再開したところ痛みを全く気にすることなくプレーできていました。痛みを気にせずにプレーできたのは半年ぶりだと喜んでおられました。また、仕事でマウスを使うときも時々痛みを感じる程度で平気になっていました。
現在は治療から1年以上が経過しますがテニス肘になる前と同じように肘をかばうことなくテニスができています。

今回は、整形外科ではほとんど治らないと言われていた重症のテニス肘の患者さんに対して肘の動注治療が有効だったケースを紹介しました。

肘の動注治療はカテーテル治療よりも安く時間も短くうけてもらえるので、テニス肘でなかなかいい治療がないとされているかたは参考にしてみてください。





ページ上部へ
初診ご予約 メール事前相談
お問い合わせ