-->

関節リウマチによる痛みの治療

RHEUMARTHRITIS

関節リウマチの治療には取り組んでいるけど…もっと痛みを軽減する方法をお探しの方へ 関節リウマチの治療には取り組んでいるけど…もっと痛みを軽減する方法をお探しの方へ

手の正常な血管と手のリウマチの人に生じたモヤモヤ血管の様子

標準治療は行っているが痛みがとれない、副作用で標準治療ができない、痛みがあるが飲み薬、今の薬の量を増やしたくない、薬の効果は出ているが、痛みをもっとよくしたい、炎症は治まっているが、痛みだけ残り困っている 標準治療は行っているが痛みがとれない、副作用で標準治療ができない、痛みがあるが飲み薬、今の薬の量を増やしたくない、薬の効果は出ているが、痛みをもっとよくしたい、炎症は治まっているが、痛みだけ残り困っている

2種類の痛みを軽減する治療方法

治療方法①

手の痛みには手の動脈注射5分〜10分

一般的な点滴で用いる極めて細いチューブ(サーフロー)を用いて手首の動脈に直接注入します。

治療方法②

その他関節の痛みには
カテーテル治療約1時間

従来のカテーテル治療とは大きく異なり、極めて細く柔らかい細径チューブ(直径0.6㎜)を用いて治療します。身体への負担が少なく、傷口はバンドエイドを貼りその日にご帰宅が可能な安全性が飛躍的に高まった治療法です。

痛みが軽減される理由

昔から関節リウマチは、痛みが強いことが知られており、その痛みの原因は異常な血管=モヤモヤ血管と共に神経が増え炎症を起こし、痛みとなっていることが分かっています。

不要な血管は、超音波でも確認することができ、それに対する治療として動脈注射・カテーテル治療が有効となってきます。

どれだけ最新の薬剤で、炎症をおさえても不要な血管が残ったままでは、痛みが残ったままの状態になるため症状が改善されません。そこでオクノクリニックではいつものお薬で炎症を抑えながら、手の動脈注射やカテーテル治療を併用することで、より治療をコントロールすることができるようになりました。

実はこの治療は2007年ごろから関節リウマチの方々に行っておりました。

カテーテル治療とは?

ちょうど点滴をするときに使うサーフローという細いチューブを、伸ばして長くしたイメージです。それを動脈という血管の中に入れていきます。チューブは柔らかいために血管を傷つけることなく、非常に小さな傷しかつきませんから、バンドエイドを貼って当日帰宅していただきます。
治療時間は、手の動脈注射であれば5分~10分で終了します。他の関節のカテーテル治療1部位であれば1時間を超えることはまれです。人によっては2つ3つの箇所を治療していかれる方も多いです。

カテーテルは細くて柔らかいです
カテーテルは細くて柔らかいです
小さな傷しかつきません
小さな傷しかつきません

関節リウマチに関するよくある質問

  • 関節リウマチのどのような人が対象ですか?
    標準治療をだけでは痛みが十分にとれていない方。
  • 1回の治療ですむのでしょうか?
    関節リウマチの標準治療で、炎症が十分に抑えられている人は一回で効果がえられぶり返すこともないです。標準治療で炎症があまりコントロールできていない場合は、複数回治療する可能性があります。
  • どの部位にもできるのでしょうか?
    どの部位でも治療できます。
  • 1回の治療で何カ所まで治療ができるのでしょうか?
    最高で2か所から3カ所の治療が可能です。
  • 普段飲んでいる薬はやめられますか?
    続けていただく必要があります。
    関節リウマチの炎症がコントロールできていないとぶり返してしまう可能性があるためです。
ページ上部へ
初診ご予約 メール事前相談
お問い合わせ