奥野祐次先生のコラム

COLUMN
COLUMN.45

テニス肘の治療

雑巾をしぼれない!テニスのバックハンドが痛い!重いものを持てない。

そんな症状はテニス肘です。

いろんな治療を試しても良くならなかった人、早く痛みを取りたい人は

ぜひ運動器カテーテル治療を検討してみてください。

 

実は、少し前までテニス肘がなぜ痛いのか、わかっていませんでした。

最近になって痛みのある場所に、正常では決して見られない異常な血管があることがわかりました。

そしてその血管と周りにある神経が痛みの刺激を送っているという説があります。

 

なぜ、変な血管ができてしまうのでしょう?

実は、悪循環が起きているからだと考えられています。
負のスパイラルです。

 

正常な血管は栄養を運んできてくれます。

でも異常な血管は栄養を運ぶどころか、正常な血流を奪ってしまいます。

どういうことかといいますと

正常な血管は 動脈 → 毛細血管 → 静脈
と流れていますが

異常な血管はなんと! 動脈 → 静脈

となってしまっているのです!!

 

毛細血管を通らないため栄養が供給されません。

そうすると、どうするかというと、カラダは、より血管を作ろうとします。

でもここでできる新たな血管は、やはり異常な血管がほとんどです。

このため、さらに酸素や栄養が行き渡らなくなります。

これが負のスパイラルなのです。

 

この悪循環を断ち切るのが、運動器カテーテル治療です!

ページ上部へ
CONTACT