お知らせ

INFORMATION

第三回 日本・台湾の運動器カテーテル治療ドクター交流会を開催しました。

3月10日(水)にZoomを用いてオンラインでの第3回日台ドクター交流会を行いました。

今回は総勢31名のドクターにご参加頂きました。

オクノクリニックからは杉原先生、台湾のTri-service General HospitalからはLin先生がそれぞれ10分間のケースプレゼンを行い、 その後奥野先生による”Pitfall in TAME (TAME治療での注意点)”をテーマにした小プレゼンが行われました。 それぞれのプレゼン後には活発な質疑応答があり、大変実りのある1時間30分となりました。


				

北海道 札幌治療院 カテーテル治療開始のお知らせ

北海道札幌治療院の診察がはじまり半年以上が経ちました。たくさんの患者さんに五來医院いただいております。3月よりカテーテル治療もはじまりました。

痛みに困っている悩んでいる方は、ぜひご来院をご検討ください。

[来院不要]新型コロナウイルスPCR検査

オクノクリニックでは、痛くない喉の粘膜採取によるPCR検査ができます。

検査方法やお申込み詳細は下記URLよりご参照ください。

https://okuno-y-clinic.com/pcrtest/kit

年末年始の診療についてのお知らせ

まことに勝手ながら、下記の期間を休診とさせていただきます。

大変ご迷惑をおかけしますが何卒ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

期間

2020年12月29日(火)~2021年1月4日(月)まで

※2021年1月5日(火)より通常通り診療いたします。

2021年1月・2月の北海道 札幌診察のご案内

札幌オクノクリニックの定期診察のご案内になります。


2021年1月7日(木)
担当医:
神戸三宮院 院長 澁谷真彦

時間:
午前の部9時30分~12時
午後の部13時30分~17時30分


◎ 2021年1月8日(金)

時間:
午前の部9時30分~12時
午後の部13時30分~17時30分

2月19日(金)

時間:
午前の部9時30分~12時
午後の部13時30分~17時


お近くにお住まいで痛みにお悩みの方は、ぜひこの機会にご来院ください。

完全予約制です。

事前にお電話にて、初診のご予約をお願いいたします。

0120-305-598

初診以外の再診のかたもご相談ください。

第二回 日本‐台湾の運動器カテーテル治療ドクター交流会を開催しました。





10月に開催された第一回交流会に続き、Zoomを用いたオンラインでの第二回日台運動器カテーテル治療ドクター交流会が開催されました。今回は総勢33名のドクターにご参加頂きました。

1時間30分と短い時間ではあったものの、Huang先生(台湾)、Lu先生(台湾)、澁谷先生(日本)の3名にケースプレゼンを行っていただき、その後奥野先生によるプレゼンを行いました。

運動器カテーテル治療は台湾でも着実に広まっており、指のヘバーデン結節の治療や足底筋膜炎の治療に関する発表が行われました。

ヨーロッパの学会誌 CVIRに肩こりへのカテーテル治療の論文が掲載されました。

※CVIRとはヨーロッパのカテーテル治療の研究誌としてで1番大きな学会誌です。

「肩こり」は、いままで重篤な病気としては捉えられていませんでした。

しかしオクノクリニックを訪れる患者さんの一部で、肩こりによる痛みが極めて強く、日常生活が障害されている方がおられます。

今回の論文は、そのような重症の肩こりの患者さんにカテーテル治療を行い、痛みの改善だけではなく、睡眠の改善や生活の質が上昇したという内容を記載しています。


[論文のタイトル]

Effects of Transcatheter Arterial Microembolization on Persistent Trapezius Myalgia Refractory to Conservative Treatment

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33083854/


上記の図は、左図がカテーテル治療前、右図が治療後半年になります。
42人の患者さんに治療をして、日常生活、睡眠、気分などに大きく影響があったのが、右図で改善しているのがお分かりいただけると思います。

第一回 日台ドクター交流会を開催しました。


台湾の中山医学大学Liang先生を中心に18名の台湾ドクターとの勉強会および交流会を開催しました。
台湾からはKeng Wei Liang先生・Bow Wang先生の2名、オクノクリニックからは澁谷先生・藤原先生の2名が10分間のケースプレゼンを行い、それぞれの症例について理解を深める学びの1時間半となりました。

奥野総院長がGESTシンポジウムにて講演を行いました。

奥野総院長がGESTシンポジウムにて ”Role of Embolization in Sport Injuries” について講演を行いました。

GESTシンポジウム初のウェビナーでの開催となりましたが、100か国以上から2,000名近い方々が参加されました。

韓国建国大のSang Woo Park先生と第一回ドクター交流会を行いました。





Park先生は韓国における運動器カテーテル治療の第1人者であり、韓国内での運動器カテーテル治療の現状や動向についてお話をおうかがいいただきました。

また日本における同治療の現状やオクノクリニックで行っている治療方法についても情報共有を行い、終始わきあいあいとした雰囲気であっという間の1時間となりました。

第49回日本IVR学会総会に 奥野 総院長、澁谷 三宮院院長、杉原先生、宮崎先生が登壇しました。

澁谷先生は「肩こりに対するカテーテル治療の有効性」について、宮崎先生は「へバーデン結節に対する動脈注射」について、杉原先生は「乳癌術後の遺残疼痛」について発表しました。

奥野総院長は、オンラインで座長として参加されました。



カテーテル治療の国際学会に奥野先生が登壇されます。

オンラインで開催される国際的なカテーテル治療のシンポジウムに奥野先生がオンラインで、参加いたします。

日時 
2020年8月29日(土) 8:12~8:24

テーマ
Embolization in MSK : New Applications(運動器の疼痛へのカテーテル治療の新しい活用方法)

今回は、アメリカのUCLA(カルフォルニア州立大学ロサンゼルス校)やミネソタ大学の先生らとともにSpeakerとして登壇されます。

11月・12月の北海道 札幌診察のご案内

札幌でもオクノクリニックの定期診察が始まりました。
年内の札幌診察のスケジュールをご案内いたします。

札幌駅から徒歩圏内で、アクセスできる場所にて診察を行います。



2020年11月13日(金)
担当医:
神戸三宮院 院長 澁谷真彦

時間:
午前の部 9時30分~12時
午後の部 13時30分~17時

◎ 2020年12月11日(金)

時間:
午後の部 14時~17時
※午後のみとなります。

2020年12月12日(土)

時間:
午前の部 9時30分~12時
午後の部 13時30分~16時

※12月の時間については調整中のため、上記と異なる場合があります。

お近くにお住まいで痛みにお悩みの方は、ぜひこの機会にご来院ください。
場所については、コールセンターにてご案内いたします。

完全予約制です。

事前にお電話にて、初診のご予約をお願いいたします。

0120-305-598

初診以外の再診のかたもご相談ください。

【ライブ配信】8/26(水) 切らない、痛くない、肛門に触れない「痔」のZOOM治療説明会&相談会 

おうちにいながら参加できる「ZOOM治療説明会&相談会」を行います。

最近、お問い合わせが多い「オクノクリニックの痔のカテーテル治療」について治療説明会&相談会を行います。

予約は不要です。
どなたでも参加ができます。

詳細は、こちらよりご確認ください。

新型コロナウイルスのセルフチェック 当院の定期的なPCR検査の詳細

オクノクリニックでは、医師、看護師をはじめとした患者さんに接するスタッフ全員に、毎週新型コロナウイルスのPCR検査を定期的に行なっています。

来院される皆さんにできるだけ安心して診療を受けていただきたいという想いから、この定期セルフチェックを導入しました。

当院で行なっているPCR検査の詳細(性能評価と直近の検査結果)はこちらをごらんください

アメリカのABCニュース系列にて運動器カテーテル治療が紹介されています

ABCニュース系列番組であるABC 7において、ひざの運動器カテーテル治療が取り上げられています。

アメリカにある名門の大学病院であるUCLA Health(カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校附属病院)で、運動器カテーテル治療をしているDr. Padia先生が出演されています。

詳しくは、こちらからご覧ください。

https://www.uclahealth.org/radiology/body.cfm?id=694&action=detail&ref=118

また、UCLAのYouTubeのチャンネルにてDr. Padia先生による膝の運動器カテーテル治療の解説動画もご覧いただけます。

https://www.uclahealth.org/radiology/ir/gae

7月13日(月)オクノクリニック 東京 表参道院 開院

横浜センター南院、東京ミッドタウン前院、東京白山院、神戸三宮院につづき5つ目のクリニック 東京表参道院のグランドオープンのお知らせです。

東京メトロ銀座線、半蔵門線、千代田線「表参道」駅B3出口より徒歩1分

アクセスページはこちら
https://okuno-y-clinic.com/access/omotesando

初診予約の受け付けを始めました。
ご希望の方は、お気軽にお問い合わせください。

0120-305-598

スポーツ競技、楽器演奏、仕事への復帰をしたい皆さまへ

復帰プログラムは、テニス肘、ゴルフ肘、シンスプリント、ジャンパー膝などのオーバーユースを きっかけに痛みが生じた方が対象のプログラムです。

現在の症状、既往歴、スポーツ内容、演奏内容、仕事内容など様々な要因を考え、お一人お一人に合わせた再発予防、パフォーマンス向上を含めた復帰へのプランニングを行ないます。

◆◆2つの復帰プログラム◆◆
来院でのコンディショニング
・ オンライン運動指導

アプリのZOOMをつかいます。現在の状態を確認することができます。

オンライン運動指導は、通院時間が必要なく自宅など、好きな場所で受けることができます。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

0120-305-598

理学療法士 横村先生(左)椎葉先生(右)
ご来院でもオンラインでも相談にのります

世界塞栓学会 オンライン講演のご報告

5月9日に、当クリニックの奥野総院長がGlobal Embolization Symposium & Technologies主催のウェブセミナーにて「スポーツ障害における塞栓術の役割」について講演を行いました。

世界中の先生方にご参加いただき、質疑応答も多く行われる活発なセミナーとなりました。

新型コロナウィルスへの当院の取り組みについて

①少ない通院回数で慢性痛を治療します

痛みの治療をしたいものの、頻繁に通院することにご不安が強い方も多いと思います。

何度も通わないと良くならないとなると、余計に躊躇されるのではないでしょうか?

当院では、開院当初から「根本的に痛みの原因を治療して、少ない通院で満足のいく結果を出すこと」を重要視してきました。

このため、これまでにも極めて少ない通院回数で、慢性痛を改善させてきた実績があります。

2019年には1年間に2094名の方が新たに受診されましたが、そのうち72.8%の方が1回の治療(内容は注射、動注、またはカテーテル治療のいずれか)により改善しており、85.7%の方が、2回目の通院で改善しています。ここでいう「改善」とは臨床的に有意な痛みの改善(痛みがゼロでないにしても、明らかに良くなったと感じる程度の改善)を意味しています。

このように少ない通院回数で除痛が得られているのは、私たちがもともと「対症療法ではなく、痛みを根本から治療したい」という目標をもって、診療にあたってきたためとも言えます。

痛みの治療はどうしてもオンラインではできません。

このため、できるだけ少ない通院回数で満足のいく治療をすることにこれからも努めていきます。

② 自主的に全スタッフの定期PCR検査を始めました

皆様に安心してオクノクリニックでの診療を受けていただけるように、医師をはじめ診療に関わる看護師、受付事務を含む全スタッフを対象に、自前で新型コロナウイルスのPCR検査を定期的に実施しています。

これはドイツで行われている取り組みで、医師や医療従事者が週に1-2度のペースで、定期的にPCR検査を自ら受けてチェックするというものです。

新型コロナウイルスにおいては、すでに報道されているように、無症状の段階から他者に感染させる可能性があるとされています。

当然ながら当院スタッフも感染をしないように手洗い、換気、三密を避けるなどの日々の感染予防の取り組み、また少しでも症状が出たら自宅待機など一般的な対策を徹底していますが、さらなる取り組みとしてPCR定期検査を開始しております。

1週間ごとに検査で陰性を確認してから診療にあたるようにしています。

もちろんPCR検査で陰性であったからと言って、100%感染していないという証明にならないことは重々承知していますが、何も検査をしないよりは知らぬ間に感染していたなどの事態を未然に防げる可能性があると考え実施しております。詳細についてお知りになりたい方は、クリニックまでお問い合わせください。

③ 予約時間の厳守に努めています。

当院は完全予約制であり、一度にたくさんの人がいらっしゃることはありません。また、待ち時間をできるだけ少なくするために、予約時間通りに診療を始められるよう取り組んでいます。

④ 改善しなかった場合、手術代は返金しています。

効果がなかったらどうしよう?と二の足を踏んでしまうことはだれしもあると思います。

当院は2019年8月より、カテーテル治療を受けられた方で改善が見られない場合は、材料費を除いた治療費を返金する制度を開始して、現在も続けております。

ぜひ料金ページの詳細もご参照ください。

⑤ 診察で密接にならないよう、診察室に入る前に症状が把握できるように取り組んでいます。

患者さんがご自身のスマートフォンなどの端末から、初診時の問診などのうちのほとんどを済ませることができます。

このため、診察室で詳細に経過をご説明いただく手間や時間、密になることを避けるよう努めています。

⑥オンラインでの運動指導やアフターケア

痛みが改善したあとの、身体の動かし方の指導や、ストレッチなどのセルフケアも重要です。

当院では理学療法士による通院スタイルのコンディショニングに加えて、Zoomなどのオンライン通話システムを利用した運動指導を自宅で受けていただけるようにしています。現在は15分の指導を無料で何度も受けていただける形で提供しています。

このため、改善したあとも自宅にいながら再発予防に取り組めます。

今後も皆さまに安心して診療を受けていただけるよう、新型コロナウイルスへの対策を進めていき、随時アップデートしていきます。

ページ上部へ
初診ご予約 メール事前相談
お問い合わせ