ドクター紹介

DOCTOR
院長 奥野祐次

奥野 祐次YUJI OKUNO

メッセージ

「みんなに笑顔になってほしい!」
というコンセプトから、Okuno Clinic.で診療をしています。
痛みから解放されて、「こんなことがやりたかったんだ!」というあなたに出会えるように、心をこめて診療にさせていただきます。長引く痛みの原因「モヤモヤ血管」の存在は、まだまだ知られていません。病院にいってレントゲン検査や注射の治療を行ってはいるが、なかなか痛みが改善されず苦しんでいる方々のお話をたくさん聞いてきました。

今では治療患者数が年間2,842件(※2018年当院調べ)を超えました。定期的に治療説明会を開催し、モヤモヤ血管とは何か?なぜできるのか?治療前・治療後のモヤモヤ血管の写真をご紹介し、安心して治療を受けていただけるよう定期的に治療説明会を開催しております。少しでも多くの方が、原因を知っていただき痛みの悩みから解放され、笑顔溢れる毎日を過ごしていただきたいと思っております。受診をご検討されているみなさま、お気づきの点あればまずはお気軽にご相談ください。

経歴

  • 2006年3月
    慶應義塾大学医学部卒業
  • 2008年4月〜
    放射線科医として血管内治療に従事
  • 2012年3月〜
    大学院博士課程修了・研究分野は「病的血管新生」
  • 2012年4月〜
    江戸川病院にて運動器疾患に対する血管内治療を専門とする
  • 2014年4月〜
    同施設にて、運動器カテーテルセンターセンター長に就任
  • 2017年10月〜
    オクノクリニック「Okuno Clinic.」センター南にて開院。オクノクリニックの総院長就任。現在に至る

書籍

澁谷 真彦

澁谷 真彦MASAHIKO SHIBUYA

メッセージ

私自身スポーツが大好きで、元々大学時代はラグビーをしていました。
アメリカに研究留学中、友人に誘われトライアスロンに挑戦しました。
アメリカの大自然を生かしたコースは絶景で、それ以降トライアスロンに夢中になり、現在は国内外の大会に年3回は出場する事を目標に日々トレーニングに励んでいます。

診療を通じて、痛みの影響で大好きなゴルフやテニス、水泳などのスポーツを諦めた患者さんにたくさん出会います。私自身、スポーツが大好きなので、その辛さはよくわかります。そして治療を行い痛みから解放され、スポーツに復帰し生き生きされている姿を見ると本当に当院にきていただいて良かった!と思います。

神戸三宮院での院長勤務にあたり、この画期的な治療を関西の痛みで困っている方、治療方法がなく諦めている多くの方に、適切に広まるように真摯に努力してまいります。

経歴

医学部卒業後、循環器内科医として心臓血管カテーテル治療に従事。2012年11月〜2014年10月アメリカSkirball Center for Innovation (ニューヨーク州、血管内治療デバイス研究施設)に研究留学。2016年3月大学院博士課程修了 研究テーマ「冠動脈ステント留置後の病理組織と光干渉断層法の画像の比較について」。
2017年10月オクノクリニック入職。横浜 センター南院にて院長を経て、2019年6月より神戸三宮院 院長に就任。現在に至る

杉原 英治

杉原 英治EIJI SUGIHARA

メッセージ

放射線科医として25年間、大阪大学の系列病院で全身の血管造影などのIVR治療手技と画像診断に全力を注いできました。
オクノクリニックでは、これまでの経験を充分に発揮し、さらにそれを応用した運動器カテーテル治療を行なっていきたいと考えています。
私自身も、普段から筋トレなど身体のケアに気を使っており、休みの日はジョギングやテニスを楽しんでいます。普段の何気ない動きやスポーツを楽しむ時間がいかに人生を豊かにしているかを実感しています。早く痛みから解放され、何気ない動きを気にすることなく患者さまが生活を過ごせるよう身体の痛みについて、思いを共有しながら、治療にあたっていければと考えています。

経歴

日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本インターベンショナルラジオロジー学会専門医

  • 1994年
    大阪大学医学部卒業
  • 2000年
    大阪大学大学院医学系研究科卒業 学位取得

放射線科にてCTやMRIなどの画像診断およびIVRにおける治療・診断に従事。
関西労災病院放射線診断科部長を経て、2021年10月より東京 白山院 院長に就任。
現在に至る。

宮崎 宏一

宮崎 宏一KOICHI MIYAZAKI

メッセージ

これまでは循環器内科医として動脈硬化性疾患、特に心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患に対するカテーテル治療を中心に診療を行ってきました。その中で偶然、慢性疼痛に対するカテーテル治療という画期的な治療に出会いました。実際に痛みに苦しんでいた患者様にこの治療を行ってみたところ、その治療効果に受けられた患者様以上に僕自身が衝撃を受けました。私自身もスポーツが好きで今でもトレーニングを欠かさず行っていますが、痛みが運動に限らず生活の質をいかに落としているのかを実感することが多々あります。これまでは解決方法が無かった痛みに苦しんでいる方々に、この革新的な治療を適切な形で提供できるように努めていきたいと考えています。

経歴

2009年より独立行政法人国立病院機構 大阪医療センター 循環器科、
2015年大阪府済生会千里病院 循環器内科にて、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患に関するカテーテル治療に従事。
2019年オクノクリニック 入職。
2021年6月より大阪 心斎橋院 院長に就任。現在に至る。

藤原 圭史

藤原 圭史KEISHI FUJIWARA

メッセージ

2018年よりオクノクリニックで診療させて頂いておりますが、私自身、患者様の改善の様子を見てその効果に驚くことがあります。
「肩が軽くなった!」「ゴルフができるようになった!」などと嬉しそうにおっしゃられる度に、医師としてのやりがいをとても感じています。
人生100年時代と言われ、スポーツを楽しんでおられる方も多いと思います。
私自身、高校、大学とラグビーに打ち込み、今でも体を動かすことは大好きですが、痛みを感じながらでは人生を楽しく過ごすことはできません。
この画期的な治療法を症状や身体所見、さらには超音波やMRIなどの画像診断から、正確に現在の状況を把握し、適切な治療にご案内できるよう努めていきたいと考えています。

経歴

日本医学放射線学会 放射線診断専門医 日本IVR学会専門医
下肢静脈瘤に対する血管内焼却術の実施基準による実施医・指導医
金沢大学医学部卒。
初期研修の後、聖マリアンナ医科大学病院や国立がんセンター中央病院、IGTクリニックなどで放射線科医としてカテーテル治療や画像診断に従事。
2018年よりオクノクリニック非常勤医師として勤務し、2020年よりオクノクリニック常勤医師として入職。現在に至る。

新谷 嘉章

新谷 嘉章KYOSHIAKI SHINTANI

メッセージ

私は循環器科医で、動脈硬化により心臓、全身の血管病変を持つ方を対象に血管内治療(カテーテル治療)を行うことを専門としています。生命に直結するような救命処置から、歩けなかった方が歩けるようになるなどの生活の質を上げる治療にも注力しています。
みなさんがいかにストレスなく『健康』に生活できるようになればと思います。日常的な『痛み』でストレスを抱え困っている方、いくつもの病院受診であきらめていた方へ治療を提供できるようにお手伝いをしたいと考えています。

経歴

  • 2005年
    独立行政法人労働者健康安全機構 九州労災病院 臨床研修医
  • 2007年
    天神会 新古賀病院 心臓血管センター循環器科 医員
  • 2015年
    同医長
  • 2017年
    東京大学大学院医学系研究科 医療経済政策学講座 特任助教
  • 2018年
    久留米大学 心臓血管内科 助教
  • 2019年
    愛友会 上尾中央総合病院 循環器科 医長兼末梢血管治療部門長
中田 雅也

中田 雅也MASAYA NAKATA

メッセージ

私は10年以上、循環器内科として心筋梗塞、狭心症や不整脈に対するカテーテル治療を中心に行ってきました。
循環器内科では駆け出しだった頃、奥野先生とは同病院で出会いました。痛みで困っている方が国内外からいらっしゃっていたことをよく覚えており、私の親族や知り合いにも実際に運動器カテーテル治療をしていただき、痛みの改善を目の当たりにしました。
私自身、中学から大学までバスケットボール、社会人からテニスを行っており、痛みのないことがスポーツのパフォーマンスにいかに重要かと感じております。
痛みについては医療従事者でも理解されることがないことがあります。
痛みで悩まれている方に寄り添い、改善への歯車として適切に治療を提供したいと思っております。

経歴

日本内科学会 認定医
日本循環器学会 専門医
日本心血管インターベンション治療学会 認定医

  • 2009年
    日本医科大学医学部卒
  • 2011年
    江戸川病院 循環器内科
  • 2020年
    江戸川病院 循環器内科 医長
小田 晃義

小田 晃義TERUYOSHI ODA

メッセージ

私自身スポーツが好きで学生時代は野球、社会人になってからテニスやトライアスロンに挑戦しています。
一時期、怪我で運動もできず日常生活もままならいこともあり、疼痛がどれほど日常生活や精神に影響を及ぼすか実感しました。
放射線科医として全身の腫瘍や緊急止血などに対するカテーテル治療を行っておりますが、奥野先生の慢性疼痛に対するカテーテル治療を学会で見て感銘を受けました。
疼痛で趣味の運動や仕事、日常生活が制限されている患者様が痛くなくなった!と嬉しそうに外来に来られることがなにより嬉しく、やりがいを感じます。
痛みから解放された生活を過ごせるように、一緒に頑張りましょう!

経歴

日本医学放射線学会 放射線診断専門医
日本IVR学会専門医
日本脈管専門医
下肢静脈瘤に対する血管内焼灼術の実施基準による実施医・指導医
末梢動脈ステントグラフト(VIABAHN)実施医
2012年関西医科大学卒業後、日生病院、神戸大学医学部附属病院で初期研修終了。
天理よろづ相談所病院放射線科を経て、2016年~近畿大学医学部附属病院 放射線診断科で勤務。現在に至る。

横村 太志

横村 太志TAISHI YOKOMURA

メッセージ

身体を無理なく楽に動かせるように
同じような症状でも、一人一人、身体の使い方や、特徴、人生の歩み方は違います。 一人一人の身体特徴を生かして、やりたかった事が出来るように、お手伝い致します。

経歴

理学療法士

椎葉 恵

椎葉 恵MEGUMI SHIIBA

メッセージ

身体の動きのバランスが崩れることで、負担がかかり、痛みにつながることがあります。
痛みなどによってできなかったこと、これからしたいことができるよう支援します。

経歴

理学療法士
日本肩関節学会準会員1号
日本運動器疼痛学会会員
一般社団法人アスリートケア会員

長谷川 隆大

長谷川 隆大TAKAHIRO HASEGAWA

メッセージ

痛みなど障害が出た部位は結果であり、原因は他の部位にあることが多くの場合考えられます。
そういった機能不全を見つけ出し、トレーナーの視点からも、皆様の状態の改善が出来るようお手伝い致します。

経歴

柔道整復師
JATI-ATI(JATI認定トレーニング指導者)
NASM-PES(NASM認定パフォーマンス・エンハンスメント・スペシャリスト)

ページ上部へ
初診ご予約 メール事前相談
お問い合わせ