アスリート・インタビュー

Athlete Interview

オクノクリニックはスポーツ選手・アスリートに対する治療も行っております。
実際にオクノクリニックで運動器カテーテル治療を行った、アスリートの方のインタビューをご紹介します。

インタビュー2車いすテニス
三木 拓也選手

三木 拓也選手

車いすテニス選手の三木拓也選手にお話しをうかがいました。

ー三木選手といえば、2012年のロンドン、2016年のリオパラリンピックでのご活躍が記憶に残っております。2017年にはカナダの大会で優勝を収めるという今注目のパラスポーツアスリートですが、普段のトレーニングで重要視していることはありますか?


三木

競技中の動きも含めて正しい動きをすることです。練習後はアイシングやストレッチを入念に行っています。

ーアフターケアにも入念にということですね。正しい動きとありますが、何か癖のようなものはあるのでしょうか?


三木

腰のケガをした際に他の身体の一部をかばってプレーしているなと感じてました。慢性痛に対しては特に正しい動きとストレッチ等の点を意識しないと普段の動きに問題が生じてきます。

ーそうなんですね。その腰の治療のためにオクノクリニックの治療をしたのですね。


三木

そうです。ただ、ケガの程度は手術を必須とするレベルではありませんでしたが、早期復帰や慢性的な痛みを払拭したくカテーテル治療を受けました。

ー治療後、ほかの部位をかばってのプレーなど変化はありましたか?


三木

治療することで痛みを和らげることができました。治療後1か月の中で波はありましたが痛みは少なくとも半減しました。痛みが引いていくうちに自然な動きでプレーすることができました。

ー治療を受けてパフォーマンスをフラットに持っていけるもしくは上がることは本当にうれしいことですよね。ちなみにですが、治療はどこで知ったのでしょうか?


三木

当時診てもらっていた担当医がモヤモヤ血管を知っていたました。同競技の選手も受けたのも理由の一つで治療を受けました。どれだけ早く痛みを取り除けるかがポイントでした。

ーありがとうございます。医師会でも新治療法が拡充しつつありそうですね。では、三木選手の今後の目標をお聞かせください。


三木

ランキングが落ちてしまったので戻すことと、2020年代表入り、そしてメダル獲得することです

ーありがとうございます。2020年のご活躍ご期待しております。最後になりますが、痛みに悩まれる運動者に向けて何かメッセージをお願いいたします。


三木

この治療により、痛みが取れることでいつ復帰できるのだろうなどの不安も取れることがおすすめです。また、ほかの部位をかばうことなく正しい動きをすることが実現できます。カテーテル治療を受けることにより選手生命をできるだけ長く保ち、ほかのケガをすることなく選手人生が歩めます。是非、機会があれば受けてみてください。

ーありがとうございます。今後のさらなるご活躍応援しております。

三木 拓也選手

その他のアスリートインタビュー

  • ビリヤード 浦岡隆志選手
    ビリヤードを辞めるしか無いと言われた変形性肘関節症
    インタビューを見る
  • 競歩 渕瀬真寿美選手
    復帰までは半年かかるはずの痛みが治療後の3週間のリハビリで選考レースに出場
    インタビューを見る
  • マラソン 伊藤舞選手
    他の整形外科では復帰まで1年かかると言われていた炎症が…
    インタビューを見る
ページ上部へ
CONTACT