アスリート・インタビュー

Athlete Interview

オクノクリニックはスポーツ選手・アスリートに対する治療も行っております。
実際にオクノクリニックで運動器カテーテル治療を行った、アスリートの方のインタビューをご紹介します。

インタビュー1リオ五輪女子マラソン代表
伊藤 舞選手

伊藤 舞選手

マラソン選手として活躍の伊藤舞選手。
2018年オクノクリニックの治療方法を監督が持っていた本や、他の選手より聞き来院のきっかけとなりました。

身体のケア方法や治療後の様子をお聞きしました。

ー伊藤舞選手といえば2011年、2015年の世界陸上や2016年のリオデジャネイロオリンピックでのご活躍あげられますが、身体のケアや注意していることなどはありますか?


伊藤

ケガをしたときの痛みとの上手な付き合い方です。もともと痛かったところが治り、通常通り練習をしていると、他の部位が炎症を起こしそうなので気を付けています。

ー我慢できるけれども他の部位にも悪影響が及ぶとパフォーマンスにも影響が出ますよね。これまで我慢できないような痛みにはどのような対応でしたでしょうか?


伊藤

整形外科にかかりました。そこでは重症な痛みの場合、復帰まで1年かかると言われていて、早期復帰がなかなか望めませんでした。

ーそうだったんですね。その際、オクノクリニックの治療を知ったわけですね?


伊藤

現在所属している陸上部の監督が本で知っていたのと、他の選手の膝の調子が良くなって、自分も試してみたいと思ったのがきっかけです。また、復帰期間が短いのが治療を受けた一番の要因です。

ーありがとうございます。実際に治療を受けていかがでしたか?


伊藤

他の整形外科では復帰まで1年かかると言われていたが1回目のカテーテル治療で酷かった炎症が凄く引きました。

ー伊藤選手の痛みが少しでも軽減されたんですね。動きには何か変化はありましたか?


伊藤

治療後、練習強度はちょっと上げられたが、痛みがまだ残っていたので2回目のカテーテルを行いました。それ以降は痛みもとても良くなってきて、徐々に治ってきているのを実感しています。最近では痛みはほぼゼロになってきて普通に練習を行うことができました。
以前は、トラックを回る練習は左足が悪かったので左回りのトレーニングがきつく、直線のみの練習をしていました。しかし、カテーテル治療後は監督からも前より足が動かせていると評価されています。

ー練習の質も上がり、今後のご活躍が益々ご期待できますね。今後の目標をお聞かせください。


伊藤

もう一回マラソンをきっちり走りたいです。その上で戦えるマラソンをしたいです。

ー最高のパフォーマンスで走れるようクリニックでも応援しております。最後に同じように痛みに悩める運動者に向けてメッセージをお願いいたします。


伊藤

私自身カテーテル治療をしてよかったです。とにかく治療してからの復帰までの期間が短くて良かったです。今後、まだまだスポーツを続けたい方や競技人生を考えている方は是非。

ーありがとうございます。伊藤選手のさらなるご活躍応援しております。

伊藤 舞選手

その他のアスリートインタビュー

  • ビリヤード 浦岡隆志選手
    ビリヤードを辞めるしか無いと言われた変形性肘関節症
    インタビューを見る
  • 競歩 渕瀬真寿美選手
    復帰までは半年かかるはずの痛みが治療後の3週間のリハビリで選考レースに出場
    インタビューを見る
  • 車いすテニス 三木拓也選手
    試合への早期復帰や慢性的な痛みを払拭したかった
    インタビューを見る
ページ上部へ
CONTACT