重症の肩こりへのカテーテル治療に関する論文がヨーロッパの学会誌に掲載されました。

INFORMATION
  • ホーム
  • 重症の肩こりへのカテーテル治療に関する論文がヨーロッパの学会誌に掲載されました。

重症の肩こりへのカテーテル治療に関する論文がヨーロッパの学会誌に掲載されました。

重症の肩こりの治療法は、今までありませんでした。
総院長 奥野祐次がカテーテル治療を中心に重症の肩こりで悩む患者さんへの治療に従事しています。
その治療論文が、ヨーロッパで初めて学会誌に掲載されました。