慢性痛治療の専門医による痛みと身体のQ&A

モヤモヤ血管コラム

Q:治りにくい痛みの原因、「モヤモヤ血管」とは?

モヤモヤ血管とは、不自然に増殖した異常な血管のことです。こちらの写真をご覧ください。

↑これは手にできたモヤモヤ血管の写真です。
黒くべったりとしているところが、異常な血管、通称「もやもや血管」です。この人の場合は手首や人差し指にモヤモヤ血管ができていて、しかもそこが痛い場所でもあります。

「どうして血管が痛みの原因になるの?」と読者の方は疑問に思うかもしれませんね。

実は人間の身体の基本ルールの一つとして、「血管と神経は一緒に増える」というものがあります。つまり、血管が増えているときは、一緒になって神経線維も増えています。

五十肩や腰痛、ひざの痛みなどは半年とか1年、あるいはそれ以上長く続くことが知られていますよね?このような「長引く痛み」の病気はいくつかあり、当然これまでにも「なぜ痛いのか?」という疑問を解決するために様々な調査や研究がなされてきました。

特に痛みの発生している場所(五十肩であれば肩の関節の袋、膝痛であれば患者さんが痛みを訴えている部位)を顕微鏡で観察した報告はたくさんあるのですがそれらの報告の共通点は何かというと、「細かな血管と神経が一緒になって増えている」という報告がなされています。

つまり「もやもや血管」のような異常に増えた血管とともに神経が一緒になって増えることで痛みの原因となることが示されているのです。
さらに「もやもや血管」は正常では見られない余分な血管ですから、このような血管を減らすことで痛みが改善することもわかってきました。
つまり「もやもや血管」とは、痛みを治すための新しいターゲットと言えます。

詳しく知りたい人、あるいは自分の痛みにも当てはまるのかな?という人は、ぜひ専門の医療機関を受診してみてください。

Q:自分でできる長引く痛みへの対処法、「15秒指圧」とは?

治りにくい痛みの原因として「もやもや血管」を紹介しました。ではこの「もやもや血管」を自分でも減らすことができたら、痛みの改善につながりそうですよね。

自分でできる方法の一つとして紹介したいのが、15秒指圧と呼んでいる方法です。

実は異常な血管である「もやもや血管」は一定時間、流れが止まると死滅する傾向があります。その性質を利用して、外部から圧迫することで血管を減らす方法が「15秒指圧」です。

今回は、特に効果が得られやすいひざの痛みを例に、15秒指圧の手順を解説します。

まず、痛いほうのひざの周りを自分の指(親指が望ましい)でいろいろな場所を押していき、痛みが出るポイントを探します。
明らかにほかの場所よりも痛い場所が見つかったら(多くは指一つ分くらいの狭いポイントが一つ、ないし複数あるはずです)、その場所を一か所につき15秒ずつ、じーーーと押していきます。押す強さはあまり強すぎる必要はないです。爪の色が白くなる程度でOKです。

もともと押して痛い場所を押し続けるわけですから、当然最初は痛みが出ますが、そのまま同じ強さで押し続けて15秒続けます。すると押している痛みも和らいできます。15秒はテレビの一般的なコマーシャル一つ分の長さでもありますから、それをもとにしてもよいです。

ぐりぐりと揉んでしまうのではなく、じ―――と押し続けてください。 15秒押したら、その場所はそれでおしまい。ほかの場所を探して、もしあればその場所も押していきます。1か所につき1日2回くらい押す程度で十分です。早い人で数日、遅くても2-3週間で効果を感じる可能性があります。

もちろん自己治療ですから、必ずしも適切なやり方でできているかわかりません。痛みが反対に強くなってしまうようでしたら無理に続けないようにしてください。また専門の医療機関でやり方をアドバイスしてもらうことも有効です。

ぜひ試してみてください。

Q:運動器カテーテル治療とは?

運動器カテーテル治療とは、痛みの原因となる「もやもや血管」を治療するために開発されたものです。

カテーテルという細いチューブを用います。よく点滴を受けるときに腕の静脈に細くて短い針を挿入するのをご存知ですか?点滴の場合はそこから薬液を流していきます。実際には点滴で使うのは金属の針ではなく、柔軟性のある短いチューブを使っています。

カテーテルはこの点滴で使う短いチューブを極端に長くしたものです。1m以上長くします。細さ0.6mmで、とても柔らかいものです。それを血管のなかに入れていき、かつ血管の中を操作して標的となる場所まで進めていきます。

血管の中を操作する、と聞くと痛いとか怖いというイメージを持つかもしれませんが、血管の内側の壁には神経が走っていないので、実際はカテーテルを進めても何も感じません。

肩の治療を例にしますと、手首の一部を局所麻酔してカテーテルを入れ、血管の中を肩まで進めます。モヤモヤ血管がある場所の近くまで来たら抗生物質でできた薬剤を注入し、もやもや血管を死滅させます。その後はカテーテルを抜きますから、体の中には何も残りません。カテーテルを挿入した場所を止血して治療は終わり。日帰り治療となります。

運動器カテーテル治療は様々な痛みに対応しています。自分の痛みも対象になるの?という方はぜひ専門の医療機関を受診してみてください。

変形性ひざ関節症のカテーテル治療について私(医師:奥野祐次)が書いた論文概要はこちら(2-4年成績とMRI変化)

五十肩のカテーテル治療について私(医師:奥野祐次)が書いた論文概要はこちら(3年経過報告)

五十肩のカテーテル治療について私(医師:奥野祐次)が書いた論文概要はこちら(最初の報告)

テニス肘のカテーテル治療について私(医師:奥野祐次)が書いた論文概要はこちら(治療成績について)

慢性痛についてのお問い合わせ・診療予約

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日

オクノクリニック [新規予約受付時間]10:00-16:00[休診日]日曜日

痛みをもたらす病気・けが

著者 奥野祐次(医師)

医師 奥野祐次

オクノクリニック 院長